北方領土問題について迫ってみた。

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

先の戦争を振り返り、平和を改めて希求する季節がやってきました。現在日本には隣国間で領土問題を抱えていますが、先の戦争で失った領土で未だ解決に至っていない場所がありますよね。

北方領土

です。

今回は長年の懸案で未だ出口の見えない北方領土問題に迫っていきます。

北方領土とは

(出典:北方領土問題

北海道根室半島の沖合に浮かぶ4つの島を総称して北方領土と呼んでいます。具体的な島の名称は北海道に近い島から歯舞島、色丹島、国後島、択捉島です。

現在実効支配しているロシアでは色丹・歯舞を合わせて小クリル列島、占守島から国後島までを大クリル列島、小クリル列島と大クリル列島を合わせてクリル列島と呼んでいます。

スポンサーリンク

なぜ北方領土問題が発生するまでの経緯

時代は第二次大戦末期の1945年まで遡ります。日本政府は1945年8月14日、当時の連合国から通達されたポツダム宣言の受諾を決定。翌日15日に無条件降伏に至りました。日本とロシア(当時のソ連)とはその当時の関係は1942年、日ソ中立条約を締結して相互不干渉の立場でした。

ところが長崎への原爆投下が実行された8月9日、ソ連はこの中立条約を一方的に破棄して日本へ先制布告をして当時の満州へ軍を進めました。さらに日本が降伏を決定して自発的戦闘行動を停止した後の8月28日から9月5日にかけて、北方領土に上陸し現在に至っています。

北方領土をめぐる戦後の歴史

北方領土返還に向けた交渉は日本がソ連と国交を回復した日ソ共同宣言を皮切りに進展していくかに見えました。しかし、現実は甘くありませんでした。というのも両国間での返還についての考え方の違いが見られたのです。

2島返還論という歯舞群島・色丹島の「譲渡」で合意しようとする機運が生まれましたが、日本側が将来的に択捉島・国後島を含む返還も主張したため交渉は頓挫し合意には至らなかったのです。

経済協力や平和条約締結にむけて断続的に交渉は続くが、、、

現在もロシアとの平和条約締結に向けて交渉が行われていますが、領土問題に関する具体的な成果は正直なところ得られていません。すでに北方4島にはロシア人が帰属しており、ロシア側としてもこの後に及んで領土を手放したくないというのが本音でしょう。また、ロシア側からは領土交渉よりも日本側からの経済協力を引き出そうという動きも見られ、今後も日露間のつばぜり合いは続くことは間違いないでしょう。

まとめ

今回は戦後の最大の懸案の一つである。北方領土問題に迫りました。日本側からしてみれば70年以上経った現在でも自国領土を取り戻せない現状を何とかして打開するべく多角的なアプローチを続けていると期待しています。

今の安倍政権のもとで一時は前進するかに見えた領土交渉ですが、ロシア側の頑な姿勢が所々で表明されるのが何とも歯がゆいのも事実。元住民のビザなしでの一時帰島も実現している現在、この動きを加速させて何としても全面返還の実現にむけて日本政府にはさらなる外交努力を求めたいです。

では、また。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする