台風の発生について迫ってみた。

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

今年も次々と来そうですねー。

もうすでに何個か発生してますしねー。

台風

がもうすでに日本へ向かって次々接近中です。

今回は今年も間違いなく頭を悩ませるやっかいな存在であるこの台風について迫ります。

台風とは

(引用:台風

太平洋上で発生する熱帯低気圧のうち、低気圧域内の「中心付近の最大風速(10分間の平均)17.2m/s以上、(34ノット、風力8)」のものをいいます。台風周辺の気圧が最も低い位置と勢力で台風は細かく分類化されます。

スポンサーリンク

台風は存在位置と勢力で”呼び名”が変わる

台風と呼ばれる範囲として北西太平洋の「東経100度から180度経線までの北半球」に中心が存在する場合と定義されます。海域は南シナから、日本海の環太平洋領域などにあたり、陸域としては東アジアからミクロネシアまでの広範囲に及びます。それ以外の範囲ではどう変わっていくのか。まずハリケーンから台風へと変わるの東経100度より東に位置していた熱帯低気圧が西へ進んで東経100度圏内へ入った時、そして今度は台風からサイクロンへ変わるのは東経100度圏内から西方のマレー半島近海に進んだ際と言われます。

続いて勢力ですが、同じ最大風速が17.2m/s以上の熱帯低気圧のうち、北インド洋と南太平洋にあるものは”サイクロン”と呼ばれ、北大西洋と北東太平洋の熱帯低気圧のうち最大風速が32.7m/s以上のものは”ハリケーン”と呼ばれるそうです。

台風の特徴

台風は発達していくと強風域や暴風域を形成。その周辺では強い風雨をもたらすことが多く、勢力によっては大きな気象災害を引き起こすこともあります。上空から地球に向かって見ると反時計回りの積乱雲の渦からなる。超大型と呼ばれる台風は風速15m/sの強風域が半径800km以上まで発達していきます。

台風の構造

台風には”台風の目”と呼ばれる人間の目に似た中心部があり、その周辺部では上昇気流、中心部では下降気流が発生します。台風の目が中心だけにこの中心が最も天気が荒れていると考えがちですが、中心付近は暴風が吹き荒れるものの風向きが乱れているために互いに打ち消し合うため、以外にも周辺部と比べると荒れた天候とはなりません。

一方、風雨が激しくなるのが一般的にその中心よりも進行方向に対して東側。なぜなら、台風をめがけて吹き込む風と台風本体を押し流す気流の向きが同じ方向で力を持つためためで、平時より強く風が吹き荒れてしまうのです。

”普段からの台風情報で台風の東側の地域がひどくなる理由はここにあったのですね。”

台風の発生する時期

大方、台風が発生する季節は北半球上の夏から秋にかけて発生します。発生コースとして当初は貿易風の影響で西寄りに北上しつつ、太平洋高気圧の縁に沿って移動し、その後、西より風(偏西風)の影響で東寄りに北上していきます。日本列島に上陸するなど一旦陸へ上陸すると海水温や気温の低下に起因する中心部上昇気流勢力が低下。陸上は海上に比べ起伏が激しくまた昼夜の温度差が大きいため、その勢力を弱まっていきます。ただこのようなコースを辿るものは想定されるほど多くなく、太平洋高気圧の影響により西進し続けたり、停滞したりと、複雑な経路をとるものもしばしば現れます。

日本へ台風はどのように接近を繰り返すか。

典型的な台風が通過するコースとしては、北緯15度付近のマリアナ諸島近海で発生して西寄りに時速20キロメートル程度で進み、次第に北寄りに進路を変えて北緯25度付近、沖縄諸島の東方で転向し、北東に向けて加速しながら日本本土に達するというパターンと言われます。しかし、このような典型的な経路を取るものは少なく、まれには南シナ海で発生してそのまま北東進するもの、日本の南東海上から北西進するもの、明確な転向点がなく北上するものなどもあるので、その予測に困難を伴います。

具体的に日本本土に上陸するのは多くが7月から9月。年間平均上陸回数が調べてみると8月が最も多く、9月がこれに次に多いようです。8月は、力の強い太平洋高気圧が日本付近を覆い、台風が接近しにくい状況ですが、9月に変わると強く張り出していた高気圧の勢力が徐々に弱まり、弱まって退いた時に台風が日本に接近・上陸することが多くなっていきます。

台風が過ぎ去ったあとは、空が晴れわたってすがすがしい天候に変化します。このことを「台風一過(たいふういっか)」と呼びますが、台風通過後の吹き返しが強くなるので風に対する注意は引き続き必要となります。

まとめ

今回は夏から秋にかけての避けては通れない台風について迫りました。今年ももう8個の台風が発生して徐々に日本への影響も多くなっていくことでしょう。

まずは、台風に対する警戒を怠らないこと、そして自治体からの避難情報には十分耳を傾け、避難勧告や指示が発令したら近くの避難場所へすぐ避難すること。

自分の命は自分で守る。そして早めの行動の徹底。周辺のみなさんと力を合わせて、今年も迫り来る台風を乗り切りましょう!

では、また。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする