自動車保険について迫ってみた。

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

最近、お年寄りの自動車事故が後を絶ちません。運転中に身体に異常をきたしての事故、または車を発進させるときのアクセルとブレーキの間違いでの物損事故などが各地で報告されていますね。

あって欲しくはないですが、もし自分がそんな事故の当事者になってしまったらどうすれば良いでしょう。

そんな時に備えてかけておかないといけないのが

自動車保険

です。

今回はそんな自動車保険に迫っていきます。

自動車保険とは

自動車が絡んだ事故や損害が発生した場合に、その程度に応じて保険会社が保険金等で被害者に対して損害を補償する損害保険のことです。自動車保険に大きく分けて強制保険(自賠責保険)と任意保険に分けられます。

スポンサーリンク

強制保険

自動車を運転する立場を有した段階で法律によって加入が義務づけられている自動車保険をのこと。強制保険に該当する自賠責保険(正式名称を自動車賠償責任保険と呼ぶ。)においては、自動車と併せてオートバイ、原付も含まれます。

自賠責保険に加入しないで自動車を運行すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に科され、さらに免許停止処分となります。また、車検(自動車検査登録制度)に際しては、検査有効期間を超える期間の自賠責保険に加入する必要があります。

この自賠責保険、特徴は車の運行中に発生した対人賠償事故のみを補償の対象としている点。事故で他人を死亡させたりケガをさせたりした場合の、慰謝料や治療費などの損害が補償の対象とされます。 支払限度額は、被害者1名当たり、死亡による損害で最高3,000万円、後遺障害による損害で75万円から最高4,000万円、ケガによる損害で最高120万円とされています。

しかし、上記のような内容でも自動車事故で起こり得るリスク全般をカバーしているわけではありません。保険でカバーされる範囲も、支払われる補償金額も限定されており、自賠責だけ加入しては決して十分とは言えないでしょう。

任意保険

自動車事故で自分のケガの治療費や車の修理代が発生しても、そうした費用を自賠責保険でまかなうことはできません。そのために次に説明する任意保険に加入することが必要となってきます。

任意保険は文字通り個人の判断で契約するしないを決められる保険。この任意保険で自分の資力ではカバーできない金額の賠償額を補償することが可能となります。この任意保険には細かく分けて3つの内容に分かれます。

賠償保険

自動車事故で相手や相手の所有物に損害を与えてしまった際の賠償責任に備えるための保険。そのため、賠償保険には人を傷つけた場合に効力を持つ「対人賠償責任保険」と、物を傷つけた場合の「対物賠償責任保険」の二種類に分かれていきます。

傷害保険

傷害保険は、実際の事故で自らを含め、同乗者も巻き込んでケガや入院・通院をしたり、最悪亡くなったりしたときに保険金を受け取れる保険を指します。

まず代表的な保険としては人身傷害補償保険搭乗者傷害保険があり、いずれも運転手と同乗者の自動車事故によるケガを補償する保険です。どちらの保険も死亡保険金や後遺障害保険金は加入時に設定した金額で支払われますが、二つの大きな違いは、ケガで入院や手術をした際に支払う保険金額の計算方法。

一般的に、人身傷害補償保険は一定の上限額の範囲内で実際にかかった医療費を補償するのに対し、搭乗者傷害保険は、ケガをした箇所やその程度に応じてあらかじめ定められた保険金が支払われる「定額払い」や、ケガにより入院した日数に応じて保険金が支払われる「日数払い」のどちらかであることが多いと言われています。また、人身傷害補償保険は、保険加入者やご家族の以外の第三者が自動車を運転して引き起こした事故にによる損害についても補償の対象になります。

次に自損事故保険があります。これは、対物事故ではなく、自分自身のみで電柱や壁やガードレールにぶつかるなどで引き起こした事故により、自分や同乗者がケガをして入院・通院をしたり、亡くなったりしたときにのみ補償を受けられる保険のこと。この保険は死亡保険金や後遺障害保険金は加入時に設定した金額で支払われ、ケガで入院や手術をした場合の保険金は入院日数や通院日数に応じて支払われます。

最後に無保険車傷害保険というもの。これは自動車事故の相手方が対人賠償保険」に加入していなかったり、加入していても保険金額が不十分であったりした場合、十分な損害賠償を受けられないことが考えられ、その際に発生した損害賠償の不足分を補償として受けることができるのが無保険車傷害保険となります。

まとめ

これまでの内容を表にすると以下のようにまとめられます。

(出典:自動車保険とは?

今回は自動車を運転する際に必須となる自動車保険について迫ってみました。自動車は運転した瞬間から凶器となり、相手の車や歩行者を大きな損害を与えるリスクが付きまとうことになります。また、自分が最大限注意を払っていても、相手からの”貰い事故”に巻き込まれる可能性もあります。

常に最悪の事態を想定して、しっかりと保険をかけて万全な体制のカーライフを送っていきたいものですね。

では、また。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする