SPEED出身、不倫疑惑は今や昔?自民党今井絵理子参議院議員が内閣府政務官へ内定。

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

第4次安倍内閣が発足。17人の閣僚が入れ変わったということでどんな安倍政治が今後展開されるのか注目を集めていますが、それに続く政務官人事でもサプライズ人事が発表されましたね。

沖縄が生んだスーパーアイドルSPEED出身の

(引用:Media116 )

今井絵理子

が内閣府政務官に内定らしいです。

今回はこの今井絵理子さんについて迫っていきます。

今井絵理子とは

(引用:自民党

本名:いまい えりこ

生年月日:1983年9月22日 現在35歳

出身:沖縄県那覇市

最終学歴:八雲学園高等学校卒業

所属:自由民主党麻生派

身長:158cm

スポンサーリンク

SPEEDを結成。日本を代表するユニットへ

(引用:Business Journal

今井さんといえば、何と言ってもSPEED。このSPEEDの結成は今から23年前の1996年。沖縄アフターズスクール卒業後、同じボーカルとして活躍した島袋寛子さんと始めたのがこのSPEEDでした。

以下にいくつか人気曲をあげてみます。

Hiro – Confession

①「Body & Soul」。デビュー曲ですよね。当時はメンバー全員が小中学生。当時は小中学生で歌手デビューは珍しいご時世。かなりの反響を呼び、いきなり60万枚を超えるセールスを記録することとなりました。

②「Go! Go! Heaven」。3rdシングルのこの曲。♪Go Go Heaven,どこまでも行こうHey Yeah!♪のサビが元気をもらえる一曲、この曲でSPEEDは初のオリコンシングルチャート首位を獲得。デビューから1年が経ったこの頃はすでに日本に”SPEED旋風”が吹き始めていましたね。

③「White Love。1998年発売の5枚目のシングル。しっとり冬に恋模様を歌った曲。この曲でグループ最大のシングル売上を記録。その年大晦日の『第39回日本レコード大賞』で優秀作品賞を受賞。第48回目の「NHK紅白歌合戦』に初出場を果たすなど、SPEEDにとっての全盛期がこの年だったように思います。

④「my graduation」。同じ1998年に発表された6枚目のシングル。累計売上は175万枚。オリコン集計での累計売上は147.4万枚。数々ある”ヒット卒業ソング”へ堂々の仲間入りを果たします。

2000年に解散。ソロ活動の道へ

1999年に入ると、各メンバーがソロ活動を開始し始めます。この流れがもしかしてグループ解散を意識しての動きかという噂が出始めます。そして翌年噂されていたSPEEDの解散が発表されることとなりました。

その後、今井さんもソロ歌手としての活動を開始。マキシシングル盤「in the Name of Love」を発売。また舞台俳優への挑戦を果たすなど”女優今井絵理子”としての第一歩を歩み始めました。

2004年結婚、出産

そんな今井さんにも人生を共に歩むパートナーの存在が発覚。2004年175RのSHOGOさんとの結婚を発表。結婚当時すでに今井さんのお腹には赤ちゃんが宿っていました。出産を機にソロ活動は一時休業。育児に専念することとなります。

離婚。長男の難病を告白

残念ながら今井さんの結婚生活は長くは続きませんでした。2007年別居していることが発覚。その後離婚へと発展。シングルマザーとしての長男の育児を続けることとなりました。

2008年には8月の「24時間テレビ」で長男の感音性難聴の件を告白、大きな衝撃とともにSPEED再結成の動きが視聴者より殺到。めでたく再結成が決定されました。

政治の道へ

息子さんの病気をきっかけに福祉への関心と自ら先頭に立って同じような難病に苦しむ子供の手助けをしていきたいという思いを強くしていきました。

2016年7月に行われた参議院選で自民党の比例区から出馬を決意。比例名簿5位で当選を勝ち取りました。

不倫疑惑

(引用:デイリー新潮

政界進出を果たした今井さん。自民党の顔として他の候補者への応援演説や司会を務めるなど積極的に知名度を前面に出す政治活動開始。

しかし、衝撃の不倫疑惑がスクープされます。スクープしたのは2017年7月の週刊新潮。当時神戸市議員の橋本健さんとの不倫疑惑を報じることとなります。

これについて今井さんは”男女の関係はありません”と疑惑を否定。しかし相手の橋本さんは今井さんへ好意を持っていたことを認め「私が積極的に交際を迫ろうとした」「私自身の婚姻関係は破綻しているが、認識の甘さで軽率な行為をとってしまったと反省している」とコメント。

このように両者の主張食い違いを見せ、結局不倫だったのかどうだったのか真相はいまいちよく分からずじまい。そのうち世間の関心も下火になっていきました。

写真を見る限りは”あやしい”と言わざるを得ませんが、、、

まとめ

今回は政務官に内定したSPEED出身で自民党の今井絵理子さんについて迫ってみました。

今井さんについては”略奪愛をした張本人”として世間からのパッシングがいまだ強いのは事実。また”こんな人が本当に政務官が務まるのかといった声もあがっています。

しかし、任命された以上国家国民のための仕事に集中していただきたいですね。そしてプラベートでも自身の足を引っ張るような言動は厳に慎むべきなのは言うまでもありませんが、、、

では、また。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする